アクセス

042-597-0811
  • 入院・面会のご案内
  • 外来のご案内
  • 健診・人間ドック
  • 当院のご紹介
  • 採用情報

入院・面会のご案内 / 病棟紹介

認知症治療病棟

日の出ヶ丘病院 > 病棟紹介 > 認知症治療病棟

認知症治療病棟

■E病棟:60床

開放的な生活ができるように

閉鎖病棟ですが、病棟全体は明るい雰囲気で広い廊下やデイルームなどゆったりした生活空間を有し各病室には洗面所とトイレを完備しています。


作業療法士を複数配置し、計画的な作業療法や積極的なレクリエーション活動を通じて日常生活の活性化を図っています。


お天気のよい日には外へ散歩に出たり、音楽療法、カラオケ大会なども行なわれます。

看護配置

認知症治療病棟入院料

看護職員 20:1
看護補助者 25:1
看護師比率 20%以上

キャッチフレーズ2021

「安心と安全をこの手に込めて寄り添います」

 

 

「おなじみの関係」で、「個の尊厳」を復権

「物忘れ」に始まり、「段取りが以前のように行かなくなった」と逡巡するうちに、徘徊による迷子や真夜中の大声、暴力、所かまわずの失禁や弄便などの症状が現れると、ご家族ともども窮してしまいます。ご本人からすれば、周囲が投げかけてくる意味がわからず、役割を見失い、なじんだ環境が揺らいで混乱し、やむにやまれず不穏に至ります。認知症を患う、極北の姿です。

そこで、鎮静をもくろみ薬の調合に終始したり、行動を制限したりするようでは、「認知症治療病棟」の名が廃ります。病棟スタッフは、患者様ごとに都度に“間”を合わせて呼応し、療養環境を整えます。改めて場になじみ、役割を取り戻していただけるよう腐心します。すると、自ずから不穏が後退していくものです。

「精神科リハビリテーション」という分野では、「精神疾患を抱えた当事者が、自ら望んだ環境で、落ち着き、満足できるように支援することを使命とする」と謳っています。言い換えれば、「個の尊厳」(基本的人権)の具現化を支援する、ということです。

「個の尊厳」が侵害されれば、裁判所が擁護してくれましょう。心身に不調を抱え、「個の尊厳」「その人らしさ」を具体的に表出するのに難渋し、支援を求めずにいられなくなった時こそ、われわれ医療・福祉担当者の出番です。

当病棟でも、精神科リハビリテーションの使命を底流に、患者様ごとに「なじみの関係」「昔取った杵柄」を復興し、「その人らしさ」を浮き上がらせ、ひいては、認知症による心理・行動上の症状を緩和できるよう、確かな診断と治療、看護、介護に向けて、地道に邁進する所存です。

医師からのメッセージ

医師 佐藤 克志

佐藤克志と申します。齢64を迎えようとしております。東北に生まれ、宇都宮高校、山形大学を卒業し、東北大学精神神経科医局で当初は児童精神医学を学びました。

現在の東北大学名誉教授、松岡先生(当時助手)から、ここで何をしたいかと問われ、自閉症の幼児から大人までの間に起きているブラックボックスを探りたいと申し上げました。我が手では叶いませんでしたが、現在、脳科学が発展し、ボックスは開かれつつあります。それがパンドラの箱であろうと。その後、カウンセリングの方向に進み、家族療法、認知行動療法、EMDR(眼球運動による脱感作および再処理法)、ハコミ療法、マインドフルネスに興味を持ち、現在は複雑性PTSDの治療に関心が向いております。要するにトラウマ治療の原則を極めたいということです。これらの多くは一般的な精神治療とは異なり、臨床心理士、ソーシャルワーカーが中心となり関与を担ってきたもので精神医学からは鬼ごっこ的なものでした。脳科学の発展で距離は近づき、以前の発達障害と精神医学の関係に似てきています。これらを知ることは、人とはどこから来て、どこに行くのかを知るということでした。NHKのようですね。人は絆を求め続ける、わたしとは何、その先にみえたものとは。

現在は日の出ヶ丘病院認知症治療病棟で仕事をしております。認知症の現場で、人とは何か、を知ろうと思います。例えは良くないですが、揺り籠かた墓場まで、でしょうか。人生の先輩方から教えていただきます。二足のわらじで認知症治療の世界に入って十数年、頑張ります。因みに、認知症治療薬メマンチンは、現在、トラウマの治療薬として有力候補に挙がっており研究中です。二足のわらじも約にたちますでしょう。

師長からのメッセージ

病棟師長 大竹 亜紀子
病棟師長 大竹 亜紀子

今年度よりE病棟の師長になりました、大竹です。よろしくお願い致します。

当病棟は平成256月に精神科療養病棟から認知症治療病棟に移行した、60床の病棟です。

スタッフは認知症の理解をより深めるため、定期的に勉強会を行ったり、他職種とのカンファレンスにより、個別性を意識したケアに取り組んでいます。

「このケアで良かったのか」と不安や疑問に思うこともありますが、患者様の笑顔に私達スタッフは救われ、毎日のエネルギーになっています。

今後も、四季を感じられる行事や、患者様の出来る事を尊重したレクレーションを通して、患者様との信頼関係を築いていきたいと思います。