理事長からのメッセージ

地域と共に生き、信頼される医療・介護の提供に努めます

 

_M8A8326

 医療法人社団 崎陽会 日の出ヶ丘病院は、昨年無事50周年を迎えることが出来ました。これも地域の皆様と近隣の病院・施設様、取引業者様、開設以来病院を支えて下さった多くの職員とご家族の皆様のお陰と心より感謝致申し上げます。

 

 当会の初代理事長は私の祖母で、出身地が長崎県である事から「崎」の文字を用い「崎陽会」と名付けたそうです。開設20年後に祖母の跡を継いで私の母である大蔵葉子が、そして平成28年4月、私が理事長に就任しました。開設当初はベッド数138床の病院としてスタートしましたが、時代と共に地域の医療・介護ニーズに応えながら事業の幅を少しずつ広げ、

昨年までに263床の日の出ヶ丘病院の他、DM8A0270

4つの在宅事業部、健診センター、包括支援センターを運営するまでに至りました。

 

 そして第51期の今年度、4月1日より93床ある介護療養病床を介護医療院としてスタートすることが出来ました。当院のような病院併設型の介護医療院は、東京都で初めての開設になるそうです。これまで約1年かけて準備を進めて参りましたが、皆様のお陰で無事転換できましたことを、この場を借りて感謝と共にご報告申し上げます。

 

 「地域と共に」という崎陽会の理念は、時代と共に信憑性、重要性を増してきました。昨今、国が強く推進する地域や医療の連携、在宅推進などはまさに「地域と共に」を指針としています。私達は、これからも地域の方々から必要とされ、愛される病院を目指して参ります。今後とも皆様のご指導とご協力をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

日の出ヶ丘病院が目指す姿

「地域の皆さんが集う病院」地域の皆さんに愛され必要とされる病院

「職員が幸せになる病院」ここにいれば自分が好きになれる

 

2019年度 AIM

「愛のある仕事、仲の良い職場」

 

 

 私達医療、介護に関わる人間は、弱った方や高齢者に接する事が多いので、優しさや思いやりの心を持つ事が特に大切だと思います。そのような気持ちがあれば、仕事に工夫が生まれ、それなりの良い結果が導き出せるのではないでしょうか。自分の仕事に愛があれば、誇りとやりがいを持つことができると思います。

 

 また、今年度はチームワークの良い職場作りにも努めて参ります。人は陰険な職場では働きたくないものです。明るく仲の良い職場は良い仕事を生み、働く職員の人生も豊かにすると信じています。

 

 今年度は気持ちを新たに、この2つのAIMを心に留めて、職員一同力を合わせて参ります。今後ともどうぞよろしくお願いします!

 IMG_8309