今週のメッセージ

wp_weeks001崎陽会では、平成24年度より毎週月曜日に「週礼」を始めました。

週礼では、出来る限り多くの職員が一堂に会し、法人の理念や方向性を確認します。

また、普段顔を会わせることが少ない職員間のコミュニケーションの場となっています。ここでは、週礼の内容や職員によるスピーチを「今週のメッセージ」としてお届けします。 

  

今週のメッセージ:タイムライン

2018年1月9日

神尾院長 「新年挨拶」  あけましておめでとうございます。平穏な正月をお迎えのことと存じます。  今年は創立50周年を迎え、日の出ヶ丘病院の真価が問われる年です。 新たな年に向けて心機一転。皆さんと心を一つにして一緒に努力してゆきたいと思います。 医療を取り巻く内外の状況は、必ずしも波穏やかではありません。「地域と共に生き、信頼される医療の提供」を心掛けながら、地道な努力と工夫を続けることが求められています。  さて、今年の干支は戌。御岳山の武蔵御岳神社を参拝された方もおられるでしょう。この神社には、大口真神社があり、犬が眷属(神の使い)となっています。俗に「お犬様」と呼ばれるのはオオカミのこと。狛犬はオオカミの姿で、お札や絵馬にもオオカミが描かれてい […]

続きを読む »

2018年1月9日

坂井典子理事長 「新年挨拶」 新年あけましておめでとうございます。 昨年は本当に大変な一年でした。年初から厚生局の監査に始まり、EPA関係の諸団体や労働基準監督署等いくつもの調査と指導を受け、それらの対応に明け暮れた前半でした。しかし、それらの問題一つ一つに真摯に向き合い、問題を解決していけたことは、私達にとって大きな智恵と力になったと思います。 後半は、C病棟の基準アップ、相談室を中心とした様々な営業への取り組み、在宅部門の拡充、機能評価、診療報酬改定への準備など、今後を見通した取り組みが進められました。 昨年の新年の挨拶で、「今年は酉年、ニワトリの様に首を高く揚げ、周りを見渡し、しっかり先を見通して行きたい」と言いました。前半はなかなか上手く進みま […]

続きを読む »

2017年12月25日

訪問リハビリテーション「部署紹介」 みなさんは訪問リハビリテーションのことをどれくらいご存知でしょうか?   訪問リハビリテーションの業務は、利用者様のご自宅に伺いリハビリテーションを行います。ご本人のやりたい事・困っている事をゴールに設定して、出来る限り自分の力で過せるよう援助しています。 現在利用者登録者数は47件。内訳は、要介護の方35件、要支援の方12件となっています。   利用者様から、「訪問リハビリテーションを受けて“光”が見えてきた。」「旅行に行くのを諦めていたが、旅行に行けることが出来ました」「畑仕事や草取りがまたはじめられてうれしい」等、言って頂いたりすること。また、ケアマネージャーさん達から、「困ったときは日の出 […]

続きを読む »

2017年12月18日

リハビリテーション科「部署紹介」 リハビリテーション科は、理学療法士4名、作業療法士3名、言語聴覚士1名、作業療法助手1名の9人体制です。現在、2名のスタッフが育児休職中のため、7名で頑張っています。 ①日々苦労していることは? 「利用者様、ご家族の今後の生活における必要なことは何か?」を知ることが我々の業務手順の第一歩です。最近の入院患者様は、自宅退院目的の方と療養目的の方との2大化傾向にあります。特に自宅退院目的の方に対しては、家屋訪問を行うことにより、退院後の生活における二次的合併症としての転倒予防や廃用予防の点を考慮しながら、ご家族、ケアマネージャー、通所・訪問事業の方々へのアドバイスに苦慮しています。また、どこの部署も同様かと存じますが、書類 […]

続きを読む »

2017年12月11日

通所リハビリテーション「部署紹介」 通所リハビリテーションでは、同じ意味で「デイケア」とも呼ばれますが、正式名は日の出ヶ丘病院通所リハビリテーションと言います。 デイケアは午前午後の2部制、定員は30名です。リハビリテーションを中心に3時間から4時間の利用となります。また利用者の方をご自宅から送迎もしています。半日でかつリハビリテーションに特価した形で行っているので入浴がありません。食事も限られた人の利用となっています。 平成18年に開所して11年が経ちました。当初は一日利用で入浴もあるというサービスが当たり前だったので、なかなか利用者の方が集まらなかったのですが、包括や居宅のみなさんのご協力のおかげで、しっかりとこちらの目的が伝わり、利用者の方にも来 […]

続きを読む »

2017年11月27日

包括支援センター「部署紹介」地域包括支援センターは、高齢者人口に合わせて、各市長村に一箇所以上設置されている高齢者の総合相談窓口です。日の出町は1センターの設置となっており、崎陽会が日の出町より業務委託を受けて運営しています。職員数は6名、多種多様な職種が在籍していますので、自身の専門外のことは協力し合って対応しています。明るく前向きな人達ばかりですので、ぜひ何かの機会にお話してみて下さい。とても前向きな気持ちになれると思います。 ①日々苦労していることは?  業務量が多く、事務処理や記録に追われています。法律改正などの勉強や、新しいことを考える力が必要なので大変です。 ②仕事のやりがい・喜びを感じるときは?  高齢者の方と接することが楽しいです。介護 […]

続きを読む »

2017年11月22日

原事務長 「医事課業務紹介/高齢化が進む日本の現状ついて」   医事課は、入院係3名、外来事務4名、受付3名、当直3名と事務長の14名体制です。 主な業務としては ①受付窓口業務…外来や入院の患者様の窓口対応です。病院の顔として接遇にも力を入れています。 ②診療報酬請求業務…毎月レセプトと呼ばれる診療報酬請求書を患者様毎に作成し、各保険団体に診療報酬を請求します。毎月1600件くらい患者様のレセプトを作成しています。 ③管理業務…診療情報、カルテ等の管理、様々な施設基準の届出や管理、病院の売上や、患者様のデータの管理を行っています。 またこの他にも2年に一回行われる診療報酬の改定にも対応しています。   来年4月には、介護保険、医療 […]

続きを読む »

2017年10月30日

神尾院長 「ネパールドルポ地方:NPO活動報告」  7月から8月にかけて、ネパールのドルポ地方(ネパールの辺境、チベットとの国境付近)へNPO活動に行って来ました。  今年のネパールは非常に天候が悪く、一説によると昨年のネパール地震の被害より、今年の水害の被害のほうが大きいとのことでした。  目的地のドルポ地方:ティンギュー村までは、首都のカトマンズから、まずヘリコプターで谷合の町まで移動し、その後4日間歩き、3日間は馬に乗って向かいます。途中、川が増水していたため、腰から肩までの激流を馬で渡ることになったり、予定のルートが寸断されていたため、急遽断崖絶壁のルートを取ったりと、今までにない困難な移動となりました。幸いにもドルポ地方はモンスーンの影響を受 […]

続きを読む »

2017年10月16日

放射線科、検査科 「部署紹介」 放射線科~現在常勤2名、非常勤1名で、院内および健診センターで業務を行っています。 ①日々苦労していることは?  患者様の関節が拘縮などで撮影部位を遮っているときです。体動などによる再撮影がないよう、一度で精度の高い写真が提供出来るよう努力しています。 ②仕事のやりがい・喜びを感じるときは?  患者様、受診者様に「ありがとう」「今回の検査は楽だった。また来年もよろしく」など  言っていただいた時に感じます。 ③どのような組織にしていきたいですか?目標は?  少数精鋭?各自過信することなく、まずは健康第一でお互い切磋琢磨し合っていきたい です。互いを尊重し助け合える組織にしていきたいです。 ④他部署への感謝の言葉をどうぞ。 […]

続きを読む »

2017年10月2日

薬剤科 小島科長 「部署紹介」   ①日々苦労していることは?  現在2人体制での業務のため(以前は3名体制)、業務が集中してしまうとかなり大変になっています。出来る限り病棟にご迷惑をかけないように頑張っています。 ②仕事のやりがい・喜びを感じるときは?  問い合わせ等に対してしっかりと対応することが出来、相手の方から「ありがとう」と言われた時です。 ③どのような組織にして行きたいですか?目標は?  まずは人数を増やして通常の業務体制にしていくことです。更にもっともっと人数を増やして行けば、いろいろなことが出来るのでは?という野望もあります。 ④他部署への感謝の言葉をどうぞ。  すべての関係部署の方に感謝しています。特に医局の先生方や看護部の方にはいろ […]

続きを読む »
今週のメッセージ
今週のメッセージ
カテゴリー
  • カテゴリーなし
月別アーカイブ
お問い合わせ先
  • 代表連絡先
  • ☎ 042-597-0811
  • 外来連絡先
  • ☎ 042-597-3652
  • 入院・各種ご相談は
  • ☎ 042-597-1313
  • 受付時間
  • 9:00~17:00(月~金曜日)
面会時間のご案内

11:00~20:00 ※ホスピスは24時間

日本医療機能評価機構認定病院 日本緩和医療学会認定病院