今週のメッセージ

wp_weeks001崎陽会では、平成24年度より毎週月曜日に「週礼」を始めました。

週礼では、出来る限り多くの職員が一堂に会し、法人の理念や方向性を確認します。

また、普段顔を会わせることが少ない職員間のコミュニケーションの場となっています。ここでは、週礼の内容や職員によるスピーチを「今週のメッセージ」としてお届けします。 

  

今週のメッセージ:タイムライン

今週のメッセージ 2013年6月10日

2013年6月10日 ★ 理事長 「急性期病院で感じた事」 半年以上調子が優れず、先日都内の急性期病院を訪問した。との病院は、日中は老人が非常に多く、高齢者専門病院と変わらないと感じた。初診のため、どうして良いのか分からず、受付でいくつか指示を受けた。滑らかだが、非常にスピードが速い説明で、内容を聴き取るので必死だった。最後にこちらから復唱して確かめ、第一段階を終えた。その後、待合室に着いたが、今度は自分の番号が電光掲示板で呼び出されるのをじっと見ていなくてはならない。トイレに行きたくなったが、いつ番号が呼ばれるか分からないので、それも出来ない。やっと全てを終えて帰宅出来たのは、夜7時を回っていた。当院は慢性期病院のため、急性期病院と形式こそ違うが、患 […]

続きを読む »

今週のメッセージ 2013年6月3日

2013年6月3日 ★ 看護部長 「患者様に寄り添う」 患者様に寄り添うとはどういうことか?と最近考えている。小児科に勤務していた時の経験。未熟児で産まれて来た子どもが二分脊椎症だった。脳外科の先生が両親に、施設の説明をしたが、家に戻すべきと反対した。その経験をする前、1歳の子どもで、家族にもどすべきだと思ったが、施設に行き、その後自宅に戻れない子がいて、その子は今どうしているだろうかと考える事がある。そのような経験をしていた為、二分脊椎症の子のケースでは、両親に話をして、まずは外泊からという事で説明。外泊出来るまでこぎつけた。その子にはお姉さんが3人おり、お姉さん達が一番下のその子をとても可愛がったので、両親は在宅に戻す事を決意した。その後何年か経っ […]

続きを読む »

今週のメッセージ 2013年5月27日

2013年5月27日 ★ 副理事長 「心の温まった出来事」 先週、ホスピスボランティアさんから、ホスピスの患者様で日の出町の歴史などを書いた本が読みたい、という方がいると連絡を受け、図書ボランティアの方に声がけし、次回活動する月曜日に、図書の本を探してもらい、あればホスピス病棟へ持って行って欲しいと連絡した。すると声をかけたボランティアさんが、自宅で本を探して下さり、ホスピス病棟の患者様が希望されているのであれば、一日も早く届けた方が良いですねと言って、その日直ぐに日の出町の歴史の本を2冊病院に届けて下さった。本当にありがたく、心が温まった出来事だった。 ★ 栄養課職員 「富士登山について」 先日、80歳の方がエベレストに無事登頂した。そして今朝下山し […]

続きを読む »

今週のメッセージ 2013年5月20日

2013年5月20日 ★ 副理事長 「マリガヤハウスについて」 フィリピン出張時に、マリガヤハウスという所を訪問。フィリピン人の母親と日本人の父親との間に生まれた子どもの支援活動を実施している。それらの子ども達は、父親から親権を放棄され、経済的に苦しい生活を送っている。彼等が父親に会いたい、働きたいと願い、その父親探しを支援している。このような状況の子どもは、公式な発表はされていないが、約10万から20万人いるといわれている。父親の多くが、80年代に日本にエンターテイナーとして来たフィリピン人と出会ったか、バブル時代にフィリピンを訪問して出会ったケースで、うまれた子どもを認知せずに連絡が取れなくなっている。マリガヤハウスでは、日本人とフィリピン人が各1 […]

続きを読む »

今週のメッセージ 2013年5月7日&13日

2013年5月13日 ★ 看護師 「フィリピン訪問について」 5月9日~12日の日程でフィリピンを訪問。看護師不足もあり、EPAで帰国した看護師さんを対象に面接を実施した。どの方もみな、フィリピンでの臨床経験が3年以上あり、その後日本に来て2~3年働き、国家試験に残念ながら落ちて帰国した人。日本語と国家試験が難しかったと言っていた。また、老人ケア、公衆衛生等では、フィリピンと日本の医療に違いがあるようだ。EPAでの看護師の合格率は非常に低いが、病院で受入れて、来年の国家試験の受験を目指す予定。温かく迎えたいので、皆さんも声がけ、お願いします。 ★ 薬剤科職員 「ホタルの季節」 都内でホタルの絵を見たので、ホタルについて話したいと思う。子どもの頃、九州の […]

続きを読む »

今週のメッセージ 2013年4月30日

2013年4月30日 ★ 副理事長 「報告の方法」 先日ビジネス文書研修に参加、新しく学んだ事、再認識した事があった。特に共有したいのは、上司への報告方法。報告する際、起きた事を最初から説明していたのでは、何が言いたいのか直ぐに理解できない。例えば霧の中でゴルフする際、何も分からない中でキャディーさんの言われるままに飛ばしても、ゴールは分からない。霧が晴れてみたら、実はゴールはアイランドで、周りが池かも知れない。まずは、ゴールがどこにあるのか伝え、その後、ゴールに向かうにはどう打てばよいか説明する必要がある。それと同じで、まずは結論を報告する。その後説明を付け加えるのが良いと学んだ。上司も時間が限られているので、そのような報告方法を実施して欲しい。 ★ […]

続きを読む »

今週のメッセージ 2013年4月22日

2013年4月22日 ★ 副理事長 「オーナーシップ(当事者意識)を大切に」 ある人から「なぜ、あの会社は顧客満足が高いのか」という本を借り、読んでみた。一般的に「従業員満足が高い会社は顧客満足が高い」と言われているが、この本には「単にそれだけではない」ということが書かれている。顧客満足を高めるのに従業員満足は必要だが、もっと大切なのは、勤務する企業の業績や評判を他人事とは考えず、自分のことのように考えるオーナーシップ(当事者意識)であるという。これはまさに以前から理事長が唱えている「家族が病気になったときに入れたい病院」「職員であることに誇りを持てる病院」という2つにつながると思う。そのような意識を職員に持ってもらうために、もちろん我々経営者は努力を […]

続きを読む »

今週のメッセージ 2013年4月15日

2013年4月15日 ★ 副理事長 「目標を振返る」 2013年も4分の1が過ぎた。いくつか今年の目標を立てて、その中の一つを先週達成した。それは自分が幹事になり同窓会を開催する事。大きな目標を立てたらそれを達成するためには、目標を見えるように貼ったり、そうなりたいと強く思う事などがあるが、自分は目標の過程を楽しむことが大切だと思う。ダイエットも自分の目標の一つだが、毎日記録していると、表の数値が下がってくる事が分かり嬉しくなるし、運動している自分を好きになったり、運動着を買って楽しんでいる。自分の掲げた目標をプライベートでも仕事でも、この時期に振返ってみて欲しい。 ★ 訪問リハビリテーション職員 「人生の幸せとは」 リハビリテーションという仕事柄、「 […]

続きを読む »

今週のメッセージ 2013年4月8日

2013年4月8日 ★ リハビリテーション職員「○○らしさと笑顔について」 私は、仕事でもプライベートでも心掛けている事があります。 それは“○○らしさ”と“笑顔”です。 中学生の時の社会科の先生が「人間は”○○らしさ”を無くしたらダメだ」 と言った言葉が忘れられず心に残っています。 「自分らしさ、女性らしさ、男性らしさ、特に女の子は“かわいらしさ”を忘れるな」 と言われたのをよく覚えています。 私はなるべく“かわいらしさ”を心掛けています。あと”笑顔”です。 受付なので”笑顔”は当たり […]

続きを読む »

今週のメッセージ 2013年2月12日~3月25日

2013年3月25日 ★ 看護部長 「機能評価を終えて」 機能評価は結果はともかく、成し得た喜びが大きく、また職員が同じ目標に向かって働く事が出来たことはプラスになったと思う。今回は特に患者様の視点に立って適切な看護、介護が出来ているかを見られたと感じる。今後も患者様視点で進んで行きたい。機能評価だから院内をきれいにしてきたわけではないので、今後も継続して、清潔な環境整備を行う。また今まで通り、定期的なラウンドは実施して行きたいと考えている。 ★ 訪問看護職員 「野鳥について」 昨日卒業した小学校が139年の歴史に幕を下ろした。25年ぶりに小学校を訪ねたが、愛鳥モデル校だったため、卒業制作した巣箱や、野鳥の木版画が残っており、懐かしくなった。日の出ヶ丘 […]

続きを読む »
23 / 23« 先頭...10...1920212223
今週のメッセージ
今週のメッセージ
カテゴリー
  • カテゴリーなし
月別アーカイブ
お問い合わせ先
  • 代表連絡先
  • ☎ 042-597-0811
  • 外来連絡先
  • ☎ 042-597-3652
  • 入院・各種ご相談は
  • ☎ 042-597-1313
  • 受付時間
  • 9:00~17:00(月~金曜日)
面会時間のご案内

11:00~20:00 ※ホスピスは24時間

日本医療機能評価機構認定病院 日本緩和医療学会認定病院