今週のメッセージ

wp_weeks001崎陽会では、平成24年度より毎週月曜日に「週礼」を始めました。

週礼では、出来る限り多くの職員が一堂に会し、法人の理念や方向性を確認します。

また、普段顔を会わせることが少ない職員間のコミュニケーションの場となっています。ここでは、週礼の内容や職員によるスピーチを「今週のメッセージ」としてお届けします。 

  

今週のメッセージ:タイムライン

2017年9月11日 

2017年9月11日 部署紹介『健診事業部』     【仕事のやりがい、喜び】 ・毎年ご来院される受診者様に、顔を覚えて頂き、また来年来ますと笑顔でお声を掛けて頂いた時 ・自分たちで考えチャレンジができること   【他部署への感謝の言葉】  日頃、色々な部署の皆様の協力のおかげで、スムーズに検診事業が行う事ができていることに、大変感謝しております。また、健診だけでなく、日の出ヶ丘病院の広告塔として、宣伝して参ります。いつもありがとうございます。これからもご協力・ご支援宜しくお願い致します。    

続きを読む »

2017年9月4日 

2017年9月4日 部署紹介『庶務課』    庶務課は、現在全員で8名。釣りが大好きな男性陣で構成されています。仕事としては、車両運行管理、施設管理清掃、廃棄物全般、物品管理用度、営繕、院内イベント等の補佐など多くのことに関わって仕事をしています。   【仕事のやりがい、喜び】  他部署の職員に喜んでもらえた時や、やった仕事が喜ばれて感謝された時、やりがいを感じます。また、仕事をやり遂げた時など、例えばペンキ塗りや修繕等、業者に頼まず極力自分たちでやろうという方針のため、知識・力不足な面が多々ありますが、その分仕事をやり遂げた時には、大きな達成感を感じます。   【他部署への感謝の言葉】  いつも親切な感謝の言葉をありがと […]

続きを読む »

2017年8月21日 

2017年8月21日 部署紹介『法人本部』    現在、各職場の職場長や主任が参加して、リーダー研修を行っています。この研修で「より良い職場にするためにはコミュニケーションが大切」という事を参加者全員で共有しました。そして、「その為に必要なこと」として意見が一番多かったのは「他部署を知る」ということでした。  しかしながら、限られた時間と人数の中で他部署に出向くのは、現実的になかなか難しいことであるため、今週から週礼にて各部署の紹介をして行きたいと思います。  トップバッターは法人本部の紹介です。    法人本部のスタッフは7名です。 【仕事のやりがい、喜び】 入職者がそれぞれ職場でいきいきと働いている様子を見た時(人事担当) 患者 […]

続きを読む »

2017年7月24日 

坂井理事長『「すぐやる人」と「やれない人」の習慣』    最近読んだ本をご紹介致します。著者塚本 亮さんの「すぐやる人とやれない人」の習慣という本です。1年近く前に購入したのですが、最近になってようやく読んだので、私は「すぐ読まない人」です。内容が具体的で興味深く、皆さんも新しい気付きがあると思います。    著者によると、「結果を出す人と頑張っているのに結果が出ない人」の違いは、「行動を起こすのが早いか遅いか」の違いが大きいのだそうです。やろうやろうと思っていてもなかなか手がつかないなどということは誰にでもあることだと思います。但し、「気合い」や「意志の力」だけでは自分を動かすのは難しいものです。行動を早く起こすためには、自分ですぐやらねばならない環 […]

続きを読む »

2017年7月18日

E病棟師長『認知症とE病棟の今』     昔は「痴呆」「ボケ」などと言っていましたが、2004年には厚生労働省は「痴呆」を「認知症」に変えました。  2025年には5人に1人が、認知症になると言われています。    認知症とは日常生活に支障をきたす状態です。家族が認知症になったらどうして欲しいですか?自分が認知症になると思いますか?大切な家族や自分自身が認知症になったら、どの様に関わって欲しいですか?    E病棟では、排泄と拘束について常に考えています。排泄のコントロールは認知症の方にとって落ち着かない行動や、混乱などの原因の一つでもあります。    排泄の勉強をした職員と共に、薬の時間・量・排泄パターンなど、 […]

続きを読む »

2017年7月10日

E病棟ケアワーカー『一年を振り返って』    私がこの仕事について早々一年が過ぎました。入職した当初は右も左もわからず、不安や戸惑いが沢山ありました。新しい環境に慣れることと仕事の流れを覚えることに必死でこの一年あっという間に過ぎていきました。  この仕事をはじめて、先輩方に学ぶことは沢山ありました。特に情報を共用する場では、私は、話しを聞いてメモをとるだけでしたが、先輩方は皆、患者様一人一人のちょっとした状態変化や気持ちを発言しあい情報を共有していました。看護師や他のワーカーが患者様のどんな言葉や行動に気を配っているのか、観察し、私も一日でも早くそういった変化に気付けるように努力してきました。    ある時のレクリエーション中、大 […]

続きを読む »

2017年7月3日

 B病棟師長『寄り添いケアについて』    B病棟では、病棟目標の1つに“寄り添いケアの充実“を掲げています。寄り添いケアとは4年程前から看護部全体で行っている「決められた業務とは別に一日の中で、担当患者様のところへ行き患者様に寄り添う」という取り組みです。B病棟ではより良いケアの為に看護研究を行い、通常のケアにアレンジを加え、寄り添いカードを作成しご家族様にお渡しすることを始めました。日々の患者様の様子や担当看護師・ケアワーカーの気持ちをカードに記してご家族様にお渡ししています。   一例のご紹介です。  ある日のYさまのご様子です。  訪問時、声を掛けると目線をこちらに向けてくれました。  「今日は、雨ですね」と言うと  うなず […]

続きを読む »

2017年6月26日

西村医師 『医師をめざした動機と日の出ヶ丘病院で働くにあたって』  4月から入職をしました医師の西村です。現在は、一般病棟・介護病棟・外来・健診を担当しております。何かお困りなことがございましたらお気軽にお声掛けください。    私は、両親とも医者の家庭で生まれ、父方の祖父も医者であり、物心ついた時から医者になるということが当たり前の環境で育ちました。小学校1年生の時、両親が町田市でクリニックを開業。下校後にはよく遊びに行き両親の働く姿を見て育った私にとって、仕事=医師として働くことであり、自分の将来を思い描いた時、両親のような医者になりたいと思い、志すこととなりました。    日の出ヶ丘病院で働くにあたって、創立約50年経つという […]

続きを読む »

2017年6月12日

神尾院長『B型肝炎ウイルスのこと』    B型肝炎ウイルス(HBV)は、全世界で3億5千万人、日本では130万~150万人が感染していると推定されています。HBV保有者(キャリア)のうち、5~10%が慢性肝炎となり、さらに肝硬変や肝がんに進展します。    感染経路には、垂直感染と水平感染があります。垂直感染である母子感染は、持続感染・キャリア化しやすいのですが、母子感染予防事業(1986年)が効果的に運用され、若年者の感染者は著明に減少しています。水平感染は、HBV保有のパートナー・輸血・針刺し・刺青・臓器移植などが原因となります。昨年から乳児に対するHBVワクチンの定期接種が開始され、その効果が期待されています。私たち医療従事者 […]

続きを読む »

2017年5月8日

ケアワーカー 『私の看護観~2つの看護目標~』  介護の仕事をしようと思ったきっかけは、母親が人と関わる仕事をしていて影響を受け 「やってみよう!」と思ったからです。  今まで介護に関する知識や経験もなかったので不安でいっぱいでした。 介護の仕事は思った以上に大変な仕事で「辞めよう…」と思ったこともありました。 しかし、それでも思いとどまれたのは周りの先輩方に相談に乗って頂き助けて頂いたおかげです。 先輩方から注意を受けることもしばしばありましたが、メモを取り帰宅後に復習し 次回は注意されないよう気を引き締めました。  患者さんとの関わりの中で嬉しいことがありました。 「近くの物を取ってほしい。」と言われ手を貸した時に「ありがとう、助かった。」と言われ […]

続きを読む »
1 / 1912345...10...最後 »
今週のメッセージ
今週のメッセージ
カテゴリー
  • カテゴリーなし
月別アーカイブ
お問い合わせ先
  • 代表連絡先
  • ☎ 042-597-0811
  • 外来連絡先
  • ☎ 042-597-3652
  • 入院・各種ご相談は
  • ☎ 042-597-1313
  • 受付時間
  • 9:00~17:00(月~金曜日)
面会時間のご案内

11:00~20:00 ※ホスピスは24時間

日本医療機能評価機構認定病院 日本緩和医療学会認定病院