所長メッセージ

メッセージ

訪問看護所長 井出 洋子

訪問看護所長 井出 洋子

訪問看護の魅力を一言で言うと……一言では終わりません。

私自身、訪問看護という仕事をしなければ、看護師として人間として気付けなかったことが沢山ある。という気持ちがあります。

まずは、「究極の個別性のある看護」。

訪問するお宅は、すべて違います。 当たり前のことと思いますが、病院で働いていたときに、「個別性」などと口にしながら、その利用者さんの背景は理解していなかったなと反省する毎日です。

 

人生の先輩から、多くのお話を聞けることも、また宝物だと思います。その先輩の一言から、自分自身を振り返るきっかけになったこと、看護師としてだけでなく、独りの人間として自分自身を振り返るきっかけになったこと、家族のことを考えるきっかけになったこと。

訪問看護を始めて、改めて人と係わる仕事の大切さを教えてもらったと思っています。

 

私たちのステーションの理念に「利用者様の価値観・人生観・死生観を尊重する」という言葉があります。訪問のときに、一番心に留めている言葉です。

訪問看護は、利用者のお宅に訪問し、看護を提供するのですが、そのお宅は、その利用者さん、ご家族が生活している場所、そして、そこで長年暮らしてきた場所です。

その場所に訪問させていただいているという思いを忘れずにいます。

今は、寝たきりのご高齢の利用者様が、お元気で過ごされていた頃の思い出が訪問先のあちらこちらに垣間見ることができます。

そんな中で、ご自宅で安心して生活できるようにご本人・ご家族はもちろん、主治医の医師、地域のケアマネさんや他のサービス事業者さんと相談しながら看護を提供しています。

 

私たちのステーションの職員は、心があたたかく、優しい人が沢山います。

利用者さんのことを思いやり、また職員同士を思いやり、自然とそれができる職場です。

訪問看護は基本的に独りで訪問します。

そのため、その日のケアが本当にあれでよかったのだろうか、質問されたけどあのような返答でよかったのだろうか、訪問の後で体調が悪くなったとき、自分が何か見落としてしまったのではないか……数えればきりがない不安もありますが、ステーションに帰り、その不安、疑問を声に出してください。

耳を傾けて、一緒に考えてくれる仲間がいます。

その日のあった不安なことを、家に持ち帰らないように心がけています。

 

こんな職場ですが、一緒に働いてみませんか?

 

日の出ヶ丘病院が求める人物像

  1. 人が好きな人
  2. 看護が好きな人
  3. 体力に自信がある人
  4. 優しい人
  5. 人と話すのが好きな人
  6. 笑顔が素敵な人
  7. 責任感がある人
  8. 誠実な人
  9. 明るい人
  10. 上手に気分転換できる人
  11. 明るく挨拶が出来る人
  12. じっくりと看護に取り組みたい人
  13. 人の気持ちを汲み取ることが出来る人
  14. 病院の中での看護に行き詰まりを(壁を)感じている人
  15. 発想が豊かな人
  16. プラス思考な人
  17. 大変な中にもやりがいや、自分自身にプラスになることを見出せる人
  18. 車の運転が出来る人
  19. 誕生日にケーキが食べたい人?

 

色々とあげてみましたが、全部持ちあわせているというスーパーマンは居ないと思っています。

こうなれるといいな…と思って、看護に向き合える人でも大歓迎です。

 

btn01