医療設備

 

CT装置

  CT検査は、X線を使って身体の断面を撮影する検査です。
  体内の様々な病巣を発見することができますが、特に心臓、大動脈、気管支・肺などの

  胸部、肝臓、腎臓などの腹部の病変に関し  ては、優れた描出能が知られています。

 

胃内視鏡検査

  検査方法は、口から(経口) 又は鼻(経鼻)になります。
  胃や食道の病気は早期に発見出来れば、殆ど完治させる事が出来ますが、
  その為には定期的な検査が欠かせません!

 

胃X線検査

  食道、胃、十二指腸の病変を、造影剤(バリウム)を飲んで写し出す方法です。

  胃がんの早期発見や、潰瘍、その他の病気の検査も目的としています。

 

胸部X線検査

  左右の肺や心臓など、胸部の臓器の形や病変をチェックするために、X線を照射して

  フィルムに濃淡の像を映し出します。レントゲ  ン検査とも呼ばれています。

 

眼底検査

全身の血管の状態を推測する事が出来、高血圧や糖尿病などに起因する
血管の変化がわかります。

 

腹部超音波検査

肝臓・腎臓・脾臓・膵臓・胆のう等の検査で、ドックには欠かせない検査です。

 

マンモグラフィー検査

乳がんの早期発見の為に乳房をX線撮影する検査です。

 

乳房超音波検査

乳腺組織の濃度に影響される事がないので30~40歳代に効果的な検査です。