理事長からのメッセージ

  地域と共に生き、信頼される医療の提供

 

_M8A8326

 

 日の出ヶ丘病院は「地域と共に生きる病院」として、日の出町と近隣の皆様に支えられながら約50年間運営して参りました。

 初代理事長は私の祖母で、出身地が長崎県である事から「崎」の文字を用い「崎陽会」と名付けたそうです。開設20年後に祖母の跡を継いで私の母である大蔵葉子が、そして平成28年4月、私が理事長職に就任しました。

開設当初はベッド数138床の病院としてスタートした崎陽会ですが、時代と共に地域の医療・介護ニーズにお応えしながら事業の幅を少しずつ広げて参りました。現在では、日の出ヶ丘病院(263床)の他、4つの在宅事業部、健診センター、包括支援センターを運営しております。

EN_5080理事長

 「地域と共に」という崎陽会の理念は、時代と共に信憑性、重要性を増してきました。昨今、国が強く推進する地域や医療の連携、在宅推進などはまさに「地域と共に」を指針としています。私達は、これからも地域の方々から必要とされ、愛される病院を目指して参ります。今後とも皆様のご指導とご協力をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

日の出ヶ丘病院が目指す姿

「地域の皆さんが集う病院」地域の皆さんに愛され必要とされる病院

「職員が幸せになる病院」ここにいれば自分が好きになれる

 

平成29年度 AIM

「しなやかで凛とした病院」

 

 昨年はオリンピックイヤーになぞらえ、「強く美しい病院」というAIMを掲げました。人材や財政も厳しい医療・介護情勢の中、一昨年度以上の利益を確保し、想定外の様々な課題を一つずつ乗り切った「強さ」と、接遇大賞への応募をきっかけに、崎陽会全体の「美しさ」への意識が高まった年となりました。

 

 今年度のAIMは「しなやかで凛とした病院」です。

 

 今年度は、すでに日本医療機能評価認定を更新することが決まっており、また療養病棟再編や来年度の診療報酬改定に向けた対策も不可欠となって参ります。このような中、今後の日の出ヶ丘病院のビジョンを明確にし、地域のニーズと私たちに与えられた使命を柔軟に、そしてしっかりと受け止めながら、運営していく事が重要と考えます。いくつもの選択肢を考え、検証し、状況に応じて「しなやかに」、そしてまた、私たちの目標や信念の元に「凛とした」対応と決断をすることが、今年度の目標です。