特定健診 (特定健康診査) ・特定保健指導

健康診断に関する情報サイト(健康診断のできる病院・料金・費用・健康診断の項目)

特定健診(特定健康診査)・特定保健指導

生活習慣病という言葉の認知も随分と進みましたが、日本人の生活習慣の変化や高齢者の増加によって、糖尿病をはじめとする生活習慣病が原因で亡くなられる方の数が、全体の 3 分の 1 に達するとの見方もあります。

高齢者の方々の医療を安定的に供給していく為に、生活習慣病予防の対策は、重要な施策であるとの見地から、特定健診 (特定健康診査) ・特定保健指導が 2008 年 4 月から始まりました。

メタボ健診という呼び方でも知られる特定健診・特定保健指導の対象者は、40 ~ 74 歳までの公的医療保険加入者です。

特定健診(特定健康診査)・特定保健指導で実施される健診項目は、「特定健康診査及び特定保健指導の実施に関する基準」(2007 年 12 月 28 日 厚生労働省令 第 157号)で、下記の通り決められています。

 

  • 既往歴の調査(服薬歴および喫煙習慣の状況に係る調査を含む)
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重および腹囲の検査 BMI(ボディマス指数)の測定
  • 血圧の測定
  • 血清グルタミックオキサロアセチックトランスアミナーゼ(GOT)、血清グルタミックピルビックトランスアミナーゼ(GPT)およびガンマ―グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)の検査(「肝機能検査」)
  • 血清トリグリセライド(中性脂肪)、高比重リポ蛋白コレステロール(HDLコレステロール)および低比重リポ蛋白コレステロール(LDLコレステロール)の量の検査(「血中脂質検査」)
  • 血糖検査
  • 尿中の糖および蛋白の有無の検査(「尿検査」)
  • 以上のほか、厚生労働大臣が定める項目について厚生労働大臣が定める基準に基づいて医師が必要と認めるときに行うもの

 

腹囲の検査を、内臓脂肪(腹腔内の腸間膜、大網等に存在する脂肪細胞内に貯蔵された脂肪)面積測定で代用することも出来る場合があります。

日の出ヶ丘病院では、東京都、神奈川県、埼玉県、山梨県等の事業者の方々にメタボ健診(特定健診・特定保健指導)のサービスを提供させていただいています。

 

健康診断を東京の病院で

日の出ヶ丘病院では、東京都、神奈川県、埼玉県、山梨県等の事業者の方々に健康診断のサービスを提供させていただいています。

健康診断を東京の病院で (日の出ヶ丘病院 健診センター)