法定健診 (法律で決められている健康診断)

健康診断に関する情報サイト(健康診断のできる病院・料金・費用・健康診断の項目)

法定健診(法律で決められている健康診断)

健康診断を事業者が費用を負担して、被雇用者に行うことは法律で義務付けられています。

健康診断に関する事業者の義務は、「労働安全衛生法」の第 66 条に、下記のように明記されています。

 

「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行なわなければならない。」

 

 

一方で、被雇用者にも健康診断の受診義務があり、同じく「労働安全衛生法」の第 66 条に、下記のように明記されています。

 

 「労働者は、前各項の規定により事業者が行なう健康診断を受けなければならない。ただし、事業者の指定した医師又は歯科医師が行なう健康診断を受けることを希望しない場合において、他の医師又は歯科医師の行なうこれらの規定による健康診断に相当する健康診断を受け、その結果を証明する書面を事業者に提出したときは、この限りでない。」

 

 

法定健診 (法律で決められている健康診断) で実施される検査項目については、「労働安全衛生規則」に具体的に決められています。

 

健康診断を雇入時に行う際の健康診断項目について
(「労働安全衛生規則」 第 43 条)

  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、腹囲、視力および聴力(1,000ヘルツおよび4,000ヘルツの音に係る聴力)の検査
  • 胸部エックス線検査
  • 血圧の測定
  • 血色素量および赤血球数の検査(「貧血検査」)
  • 血清グルタミックオキサロアセチックトランスアミナーゼ(GOT)、血清グルタミックピルビックトランスアミナーゼ(GPT)およびガンマ―グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP) の検査(「肝機能検査」)
  • 低比重リポ蛋白コレステロール(LDL コレステロール)、高比重リポ蛋白コレステロール(HDL コレステロール)および血清トリグリセライドの量の検査(「血中脂質検査」)
  • 血糖検査
  • 尿中の糖および蛋白の有無の検査(「尿検査」)
  • 心電図検査

 

健康診断を定期的(年 1 回)に被雇用者に行う際の健康診断項目について
(「労働安全衛生規則」 第 44 条)

  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、腹囲、視力および聴力の検査
  • 胸部エックス線検査および喀痰検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査
  • 肝機能検査
  • 血中脂質検査
  • 血糖検査
  • 尿検査
  • 心電図検査

 

健康診断を東京の病院で

日の出ヶ丘病院では、東京都、神奈川県、埼玉県、山梨県等の事業者の方々に健康診断のサービスを提供させていただいています。

健康診断を東京の病院で(日の出ヶ丘病院 健診センター)