2018年7月9日

宮崎看護部長 部署紹介「看護部」

看護部長室は、私とクラーク業務をしている竹田さんの2名体制です。

「看護部長室で何をやっているの?」と思っている皆さんもいらっしゃると思います。

看護部長室では、次の5つのことを中心に業務しています。

 

1.各病棟の施設基準の守る

各病棟の施設基準を守ることは、診療報酬にも関わることでもあり、とても重要です。施設基準は、介護病棟であれば、前年度の平均在院患者数に応じて、また医療病棟であれば、先月から過去に遡った1年間の平均在院患者数に応じた看護配置が出来ているかを確認します。更に医療病棟においては労働時間数にも不足はないか確認します。竹田さんと様々な情報を共有し、確認しながら基準遵守を進めています。

2.看護・介護の実施状況を確認する

 「患者様はもとより、職員も事故なく安全に看護・介護を提供出来ているのか」を、常に各病棟の看護師長や主任と、病棟運営状況の情報交換・共有をして確認しています。

3.経営の参画

各病棟のベッド状況を確認し、緊急入院等の場合のベッド調整、転棟の調整等を、師長と交渉して行っています。

4.医療安全管理者としての役割

 院内で起きている事、特に看護部で起きている事を把握し、統計を取り分析しています。また、他の医療施設で起きている事も情報収集し、当院での事故の要因や傾向などをまとめ、タイムリーにヒヤリハット情報を出して注意喚起しています。

5.複数の委員会への参加や、企画運営

 

この他にも、様々な業務があります。十分に役割を果たせていないところもありますが、病棟スタッフの皆様、病棟以外の皆様に助けて頂きながら、なんとか運営出来ていると感謝しています。ありがとうございます。

これからも不足のところは、声をかけて頂き、研鑽しながら、看護部を運営し、病院運営にも携わって行きたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

今週のメッセージ
今週のメッセージ
カテゴリー
  • カテゴリーなし
月別アーカイブ
お問い合わせ先
  • 代表連絡先
  • ☎ 042-597-0811
  • 入院・各種ご相談は
  • ☎ 042-597-1313
  • 受付時間
  • 9:00~17:00(月~金曜日)
面会時間のご案内

11:00~20:00 ※ホスピスは24時間

日本医療機能評価機構認定病院 日本緩和医療学会認定病院